• HOME
  • Dr.ウィラード・ウォーターと私

受賞者発表 Dr.ウィラード・ウォーターと私

イラスト

ウィラードに出会い約15年
憧れだった普通の生活を楽しんでいます

 私がウィラードと出会ったのは、高校を卒業して間もない18歳の頃。アトピー性皮膚炎に悩み、家に籠もりがちの時期でした。「自分の肌は、周りの子たちと比べてあまりに違う」と自覚したのは小学校高学年。それまでも軽いアトピーはあったものの、高学年になるにつれ症状がどんどん悪化。心配した両親とも相談し、脱ステロイド療法、無添加化粧品…何でも試しましたが、期待通りの結果は得られず落ち込む日々。鏡を見るのも辛い。朝起きると身体が傷だらけで辛い。中学時代には自分の肌のことで頭がいっぱいでした。高校時代には幸い症状が改善していましたが、実は服に隠れた部分、手指には重い症状が残り、顔や腕に突然じんましんが出る厄介な体質に。当時は悟られないように必死の毎日でした。

 その頃の夢は、「綺麗な肌になって、普通の生活を送りたい」。何をしていても肌の綺麗な人が羨ましかったのです。アトピーを気にせず、ただオシャレしたり友人と恋愛話やショッピングを楽しんでいたかったのに…。どうしても明るい大学生活を過ごせる自信がなく進学を断念しました。あまり人に会わず早く療養をしたいと思っていました。

 Dr.ウィラード・ウォーターを知ったのは、そんな限界に近かった時期。「いつまでこの生活が続くのだろう」毎日卑屈になり絶望する私に「もうこれしかないんじゃない?」と母親が勧めてくれた化粧品。それがDr.ウィラード・ウォーターでした。雑誌でも見かけたことのあった「水」の文字と、シンプルなボトル。「これが最後だ。これでダメなら諦めよう」と決意したことを15年経った今でも覚えています。

 最初は潤いが追いつかず、これでもか!と重ね付けを繰り返す日々。乾燥はするものの沁みることなく快適な使用感でしたが、実は1ヶ月ほど経っても変化がなくむしろ悪化したように見えた時期も…。落ち込みながらも「私にはもうこれしか試せるものがない」と、なぜか前向きな気持ちのまま、暇さえあれば全身にウォーターをシュッシュッとスプレーしていました。

 そして約3ヶ月後。なんと肌のほとんどの部分が「普通」になっていました。「完治」したわけではありませんが、アトピーであることを明かさない限り、人に気づかれることがなくなっていました。半信半疑のまま友人と写真を撮っても、写った自分の姿はやはり「普通」。信じられませんでした。その「普通」をずっと願っていました。本当に嬉しかった。そして、その時点で人生のほとんどの夢が叶ってしまいました。それからはもう夢の続きを見ているような気持ちです。肌以外のことを考える時間を持てる普通。痛みや痒みがないから、他のことに集中できる普通。人生のほとんどの悩みを占めていたことがなくなった普通の世界は、最高以外の何物でもありませんでした。

 それからは、普通肌の人たちはこんなに快適な生活を送っているのか…と驚きの日々。今は旅行やライブ、ランニングなど働きながらアクティブに趣味を満喫する毎日を送っています。あの頃の自分に「夢、叶っているよ」「普通に生活できているよ」と教えたいです。今に至ったのは家族の支えや優しい友人に恵まれた事などが上手に作用した結果かもしれませんが、ウィラードに出会ったことで明らかに生活が快適になりました。アトピー体質は完全に治ることはないと思っています。今でも季節の変わり目やストレスでトラブルが起こることもあります。しかし、ウィラードがある今は安心感が違うのです。

 肌トラブルの方を見かけるたび、話しかけたい衝動に駆られます。辛さが分かるだけに安易に声をかけられませんが、絶対に良くなってほしい。諦めないでほしい。心の中で必死にエールを送っています。いつか本当に、世界中の人から肌トラブルがなくなればいいと思っています。



 これからの人生、喜びも悲しみもどんどん経験していくと思います。いい時期ばかりではないかもしれません。それでも歳を重ねることが、特に肌に関してはちょっと楽しみにさえ感じるのは、ウィラードと出会えたおかげです。「Dr.ウィラード・ウォーターと私。」改めてこのテーマを振り返ってみて伝えたいこと。
「私にとって、あなたはまるで相棒のように、これからもずっと傍にいてほしい存在。」 これからも、どうぞよろしく!めぐみさま(30代 埼玉県)

めぐみさま(30代 埼玉県)
イラスト

私のひとり言

 小さい頃から肌が弱かった私が、Dr.ウィラード・ウォーターに出会ったのは20数年前、雑誌で化粧水の広告を目にしたのが始まりでした。最初は肌にトラブルが起きた時にウォーターを買って、コットンに含ませてパックする位でしたが、どんな状態でも、しみる感覚が1度もなかったので、いつの間にか化粧品のすべてがウィラードになっていました。娘と2人、毎晩コットンに含ませてパックするのを今日まで1度も欠かした事がないくらいです(旅行中も、入院中も)。50~60代前半にかけては、ウィラードの基礎化粧品だけでメイクもほとんどしていない日常でしたが、肌がしっとりしていて、友人から羨ましがられていました。
 10年前から主人が難病を患い、看病・介護の日々で、現在は入院しており、ストレスに加え疲れから、肌トラブルがひどく、3年くらい皮膚科と縁が切れない日々を送っていました。それでも、ウィラードの化粧品を愛用していましたし、ウォーターを外出時に持ち歩いて1日に何度か使っていました。
 昨年の暮れから肌のトラブルが悪化し、年明けには顔が真っ赤になり、家族からのすすめもあって、皮膚科を変えて診てもらいました。初診での薬の副作用が考えられる、との診断で、大学病院の皮膚科を紹介されました。大学病院の皮膚科でも同様に言われながらも、専門医によるカンファレンスを受け、皮膚の一部を取る生検も受けました。結果、当分の間、内服薬と外用薬を処方しないとの判断で、洗顔後はウォーターとスキンジェルの上からプロペト(保湿剤)を塗るだけの毎日で、通院中です。
 初めは真っ赤に顔が腫れて、鏡を見る度に心が折れそうでした。しかし、1日に何回もウォーターをスプレーして、3ヶ月を過ぎた今はだいぶ改善されてきました。外出時にマスクは欠かせませんが、通院の間隔も毎週から月2回に減り、担当医からも「良くなった」と言われるようになりました。最近は友人と食事やコンサートにも出掛ける気分になり、Dr.ウィラード・ウォーターとスキンジェルには助けてもらいました。
この20年1度も化粧品によるトラブルがなかった事に感謝しております。

T.Fさま(70代 東京都)

イラスト

病室、謎のカーテン越しのシュッシュ

 私とDr.ウィラード・ウォーターとの出会いは第2子妊娠中、切迫早産で入院生活の最中でした。カーテン越しに“シュッ”と、同室の女性が洗顔後に吹きつける謎の音が気になっていました。絶対安静での生活でしたので、顔を合わせて会話することは少なかったのですが、出産を終えて疲れているはずの彼女の肌は、ピンと張ってツヤツヤとしており驚きました(もちろんスッピンです)。
そこで思わずその謎の音の正体を訊いてしまいました。
彼女は「Dr.ウィラードって知ってる?」と。
 私にとっては2人目の育児は未知の領域。ただでさえ不安がたくさんある中で、この時彼女は色々なことを話してくれました。仕事も子供も大切なことや、これからの出産のことも。
 退院してすぐはじめた洗顔後のDr.ウィラード・ウォーター。ひと吹きの瞬間、彼女のピンと張った肌と瞳を思い出して、「さあ、今日も頑張るぞ!」と気合いを入れています。
 これからまた未知の領域、第3子の出産に挑みます。毎日、寝不足で疲れていても“シュッ”のひと吹きで乗り切りたいです。



彼女の退院日に撮らせていただいた、出産したお子さんと共に。

彼女の退院日に撮らせていただいた、
出産したお子さんと共に。K.Oさま(30代 神奈川県)

イラスト

命の恩人

 長いお付き合いのウィラード様、あなたは少なくとも2つのことで私の恩人となりました。
 1つ目、私のやっかいなドライアイを見事に緩和してくれました。長年コンタクトを使い続けたせいか、眼科に認められる立派なドライアイ。
数ヶ月おきに通院し、充血しては強い目薬を処方されていた私。このまま一生眼科通いかと絶望していた矢先、朝晩のスキンケアのついでにウォーターをシュッシュッ。読書の後、スマホ、テレビの後にもシュッシュッ。
な、なんと、あなたのおかげで格段に目の調子が良く、ほとんど充血しなくなりました。心底ビックリ!!
 2つ目、ある冬、私のお腹にできたしつこいカサカサ。医者からは乾燥肌と診断され、ステロイド軟膏を処方されましたが、使うのをためらいました。恐々と数日、塗ると消えるのですが、やめるとまた復活。このまま完治しないのではと絶望していた矢先、ボディベリーモイスチュアに出会い、毎日ぬりぬり。数年消えなかったカサカサが、な、なんと完治しました。心底ビックリ!!ウィラード様は魔法使いなのでしょうか?メイクはもちろんのこと、万能選手なのですね。
 私の人生を変えてくれたウィラード様、あなたのお席はいつも私のとなり。今日も明日も明後日も、これからずっと、たくさんの人達を助けて下さい。
あなたを待っている人が、たくさんいますから。



A.Oさま(40代 埼玉県)

イラスト

娘との毎日を明るくしてくれた
ウィラード・ウォーター

 もう何年も使わせていただいています。クレンジングジェル・化粧水・スキンジェルがお気に入りです。夏場以外はスーパースキンジェルを使用しています。使いごこちがさっぱりしているのに、浸透力の素晴らしさに大満足です。最近は、ウィラードゼリーも食べ始めて、とても食べやすくおいしく楽しみながらいただいています。食べ忘れるとなんとなく肌の調子が悪いような気がして、気がついたとき、あわてて食べるといった感じです(笑)
 実は、何年か前から娘も使用しています。娘は高校生から大学生にかけてニキビがひどく、特におでこには膿みをもったニキビがたくさんできて悩んでいました。もう本当に悩んでいて、「私の顔けずってよ」「私のおでこの皮膚けずってよ」と泣きながら言われたのが本当に辛かったのを今でも覚えています。
それで少しでも良くなればと思い、願うような気持ちで娘にも使わせてみたところ、膿みを持っていたニキビがだんだん落ち着いてきて、そのうち赤みも消え、今はうそのようにきれいな肌です。
 Dr.ウィラード・ウォーターは私と娘の毎日をとても明るくしてくれて、救ってくれたと思っています。これからもずっと使い続けます。 Dr.ウィラード・ウォーターに感謝!



T.Uさま(50代 福井県)

特別賞イラスト
イラスト

食べることと同じくらい、安全

食べることと同じこと。
食べ物の安全性を気にするように
肌にも安心・安全を。
そして、確かな効果も。

Y.Mさま(40代 静岡県)

PAGE TOP