• HOME
  • Dr.ウィラード・ウォーターと私

Dr.ウィラード・ウォーターと私

イラスト

他のクリームは使えません!

 Dr.ウィラード・ウォーターのシリーズを使い始めたのは、いつ頃かはよく覚えていませんが、15年位経っていると思います。化学物質過敏症を発症した私に、母が勧めてくれたのがきっかけでした。以来、ウォーター・ジェル・クリームの3点を使い続けていますが、中でも愛用しているのが当初からあるモイスチュアクリームです。
 刺激なく使える点がとても気に入っています。冬の乾燥する時期には重ねづけしてたっぷりと、また、夏の汗をかく時期にはウォーターで薄めてさっぱりした感じで、肌の状態にあわせて使っています。
 もう40代も後半に入ってきましたが、私にはこのクリームがとても合っているので、他のものを使う気にはなれません。それに、薬が使えない私にとっては、ちょっとしたすり傷や切り傷のときにも重宝しています。ウォーター+クリームで皮膚の再生が早いので助かっています。
 これからもよろしくお願いします。

T.Kさま(40代 千葉県)

一年中使いたい商品がいっぱい

 こんにちは。いつもお世話になっております。生まれつき肌が弱い私はDr.ウィラード・ウォーターに出会い、何度も助けられました。今ではすっかり安心して、かゆくても、プツプツができても、蚊に刺されても、トラブルの対処法に迷う事がありません。
 加齢のせいかこの冬ごろから唇の縦じわが気になりはじめ、リップクリームを使用してみました。すると、リップクリームにありがちな皮膜感がなく、すうっとなじんでとても楽です。とってもおすすめです!!出来れば夏も冷房で乾燥するので使用したいです。
 また先日注文したハンドベリーモイスチュアもとてもよかったので、夏も注文できたら嬉しいです。
 髪の毛が天然でウェーブがでてしまうので、ストレートヘアにするスプレー等々、色々使用しましたが、肌が弱いようで…。Dr.ウィラードから何かあれば助かります。
 あと、ウォーターファンデーションの一番濃い色をコンシーラーとして肌のシミを隠すのに使用していましたが、スポッツタイプのコンシーラーがあると嬉しいです。
 お友達キャンペーンは肌の弱い友人に喜んで頂けました。では、これからも宜しくお願い致します。

Y.Sさま(東京都)

シミにとっても効果的!

 ふとこの間、いつからDr.ウィラード・ウォーターを使っているのかな、と注文履歴を遡ってみたらなんと、2001年からもう17年近く愛用しているんだなぁーと。改めてその間、ストレスニキビ、火傷、シミ等々、色々とDr.ウィラード・ウォーターの製品で助けられてきたんだと実感!
 一番痛感したのは、40代のころにでてきた両頬のシミでした。
 ファンデーションでカバーできず、色々なシミ対策を講じてきたけどダメでした。そんな時、薬用ホワイトニングエッセンスをシミの所に集中して使用しつづけました。気がつくと消えていたんです。これには驚きでした。
 今では主人、息子もすっかり愛用者です。
 もう少し価格が安くなると主婦としては大助かりなんですが。これからもお世話になります。

S.Tさま(50代 千葉県)

化粧品難民から卒業

 Dr.ウィラード・ウォーターを愛用しだしてから10年以上の月日が経ったと思います。通販カタログで特集していた数ある化粧品の中で、「ウィラード博士が発見した水」というものが妙に心に残り、注文してみました。
 私の肌はとても弱く、サンプルをもらい、試してから買っても、使い続けるうちにヒリヒリしたり、赤くなったりして結局は捨ててしまうことを繰り返す「化粧品難民」でした。それなのになぜか、まずはサンプルから…とも考えず、早速買ってみようと思ったのです。
 使ってみて「私の直感は捨てたものじゃない!!」と心から思いました。それからは、新製品が出ても迷う事なく注文!!おかげさまで、肌がキレイと言われる事もあります。これからも手放せません。
 3ヶ月前に生まれた孫のおしりが少し赤くなったことでおむつかぶれを心配していた娘にウォーターを勧めたところ、はじめは半信半疑だった娘も、今では毎回のおむつ替えの度にシュッシュッ。お風呂上りの全身にも、「あせもの予防に」と信者になりました。
 親・子・孫と三世代にわたりお世話になる予感です。

K.Kさま(60代 京都府)

イラスト

手離せないUVクリーム

 私がDr.ウィラード・ウォーターと出会ったのは、もう15年以上前になります。
 きっかけはひどい日焼けでした。肌がボコボコになる位真っ赤に焼けてただれてしまい、痛くて何もつけられない時、Dr.ウィラードの“ヤケドを治した”という広告を見て、藁をもすがる気持ちでDr.ウィラード・ウォーターを注文しました。たっぷりとDr.ウィラード・ウォーターをコットンに染み込ませて肌にのせたら1日で痛みが治まり驚きました。
 それからはDr.ウィラード・ウォーター、スキンジェル、シャンプー、トリートメント、UVクリーム、ファンデーションと愛用していました。今は他社製品も使わせて頂いていますが、今でもずっと手離せないのがUVクリームです。日焼けから守ってくれるだけではなく、化粧下地としても内側から発光する感じでとても気に入っています。一年中トラブル知らずでいられるのは、このUVクリームのおかげだと思っています。これからもずっと愛用し続けます。よろしくお願いします。

R.Yさま(30代 福岡県)

なかでもお気に入りは、CCクリーム

 Dr.ウィラード・ウォーターとは20代からのお付き合い。
結婚、出産、入院など変化のなか、いつも肌をすこやかに整えてくれます。沖縄旅行、冬のスキー、日焼けにも力強い味方です。
 ウォーターの後、たっぷりのスキンジェルで馴染んだらクリーム。それだけでしっとりとした肌に戻ります。最近のお気に入りはCCクリーム。リニューアルされたCCクリームはのびが良く自然に馴染むうえに、SPF20PA+++、紫外線吸収剤不使用なのも嬉しい。夏季限定のサマーウォーターとジェルも夏場には助かるアイテム!
 55才になりますが肌の状態が良いので(シワが少ない!)、かなり若く見られます。だから逆に年の話はニガテ…。
 20代の娘、息子にすすめた訳でもないのに、乾燥にニキビに、勝手に使われてしまいます。
 これからも我が家の常備薬!?常備化粧品としてよろしくお願いします。

K.Fさま(50代 神奈川県)

ウィラードで老後の人生不安なし♥

 以前、日光アレルギーをおこし、両頬のかゆみが止まらず皮膚科でステロイドを処方されたのですが、1回の使用で両頬が真っ赤になり毛穴が全てなくなったような状態になりました。
 その日以降、頬の赤みやほてり、チクチクするような痛みやかゆみでストレスのたまる毎日でしたが、Dr.ウィラード・ウォーターとスキンジェルをコツコツ続け、2年後には前の頬の状態に戻ることが出来ました。あれから7~8年経ちますが、肌も落ち着いていて今ではアクアビーテ・モイスチュアサイエンスもトラブルなく使えています。クリーム系が苦手な方や敏感肌の方には特におすすめの商品だと思います。
 季節問わず使えるDr.ウィラードが大好きです。いつもありがとうございます。

S.Fさま(40代 福岡県)

お守りのような存在

 私がDr.ウィラード・ウォーターに出会ったのは20数年前。当時私は野外で作業をする仕事をしており、初夏~真夏にかけては日焼け止めも汗で流れてしまい、太陽の光を直接あびて過ごしていました。もともと日焼けをすると真っ赤になるタイプの肌で、ほこりなどの影響もあってどんどん肌が荒れていき、とうとう水もしみるほどの炎症をおこしてしまったのです。皮膚科で薬を処方されましたが改善せず、肌に優しいとうたっている自然派化粧品も試しましたが、逆に悪化し、目のまわりがただれてしまってもうどうすればいいのかと途方にくれていました。そんな時、雑誌でDr.ウィラード・ウォーターの広告をみつけ、やけどが改善したという文面を見てこれだ!と思い、祈るような気持ちで注文しました。使ってみて、まずしみないということに驚き、目の周りのただれも日に日に治っていき、あれほど荒れていた肌も落ち着いていきました。
 今でもあの時、みつけていなかったらと思うと怖くなりますし、治っていく喜びは忘れられません。本当にありがとうございました。
 これからもお守りのような存在としてDr.ウィラード製品を使っていこうと思います。

K.Tさま(40代 長野県)

イラスト

ウィラードに出会い約15年
憧れだった普通の生活を楽しんでいます

 私がウィラードと出会ったのは、高校を卒業して間もない18歳の頃。アトピー性皮膚炎に悩み、家に籠もりがちの時期でした。「自分の肌は、周りの子たちと比べてあまりに違う」と自覚したのは小学校高学年。それまでも軽いアトピーはあったものの、高学年になるにつれ症状がどんどん悪化。心配した両親とも相談し、脱ステロイド療法、無添加化粧品…何でも試しましたが、期待通りの結果は得られず落ち込む日々。鏡を見るのも辛い。朝起きると身体が傷だらけで辛い。中学時代には自分の肌のことで頭がいっぱいでした。高校時代には幸い症状が改善していましたが、実は服に隠れた部分、手指には重い症状が残り、顔や腕に突然じんましんが出る厄介な体質に。当時は悟られないように必死の毎日でした。

 その頃の夢は、「綺麗な肌になって、普通の生活を送りたい」。何をしていても肌の綺麗な人が羨ましかったのです。アトピーを気にせず、ただオシャレしたり友人と恋愛話やショッピングを楽しんでいたかったのに…。どうしても明るい大学生活を過ごせる自信がなく進学を断念しました。あまり人に会わず早く療養をしたいと思っていました。

 Dr.ウィラード・ウォーターを知ったのは、そんな限界に近かった時期。「いつまでこの生活が続くのだろう」毎日卑屈になり絶望する私に「もうこれしかないんじゃない?」と母親が勧めてくれた化粧品。それがDr.ウィラード・ウォーターでした。雑誌でも見かけたことのあった「水」の文字と、シンプルなボトル。「これが最後だ。これでダメなら諦めよう」と決意したことを15年経った今でも覚えています。

 最初は潤いが追いつかず、これでもか!と重ね付けを繰り返す日々。乾燥はするものの沁みることなく快適な使用感でしたが、実は1ヶ月ほど経っても変化がなくむしろ悪化したように見えた時期も…。落ち込みながらも「私にはもうこれしか試せるものがない」と、なぜか前向きな気持ちのまま、暇さえあれば全身にウォーターをシュッシュッとスプレーしていました。

 そして約3ヶ月後。なんと肌のほとんどの部分が「普通」になっていました。「完治」したわけではありませんが、アトピーであることを明かさない限り、人に気づかれることがなくなっていました。半信半疑のまま友人と写真を撮っても、写った自分の姿はやはり「普通」。信じられませんでした。その「普通」をずっと願っていました。本当に嬉しかった。そして、その時点で人生のほとんどの夢が叶ってしまいました。それからはもう夢の続きを見ているような気持ちです。肌以外のことを考える時間を持てる普通。痛みや痒みがないから、他のことに集中できる普通。人生のほとんどの悩みを占めていたことがなくなった普通の世界は、最高以外の何物でもありませんでした。

 それからは、普通肌の人たちはこんなに快適な生活を送っているのか…と驚きの日々。今は旅行やライブ、ランニングなど働きながらアクティブに趣味を満喫する毎日を送っています。あの頃の自分に「夢、叶っているよ」「普通に生活できているよ」と教えたいです。今に至ったのは家族の支えや優しい友人に恵まれた事などが上手に作用した結果かもしれませんが、ウィラードに出会ったことで明らかに生活が快適になりました。アトピー体質は完全に治ることはないと思っています。今でも季節の変わり目やストレスでトラブルが起こることもあります。しかし、ウィラードがある今は安心感が違うのです。

 肌トラブルの方を見かけるたび、話しかけたい衝動に駆られます。辛さが分かるだけに安易に声をかけられませんが、絶対に良くなってほしい。諦めないでほしい。心の中で必死にエールを送っています。いつか本当に、世界中の人から肌トラブルがなくなればいいと思っています。

 これからの人生、喜びも悲しみもどんどん経験していくと思います。いい時期ばかりではないかもしれません。それでも歳を重ねることが、特に肌に関してはちょっと楽しみにさえ感じるのは、ウィラードと出会えたおかげです。「Dr.ウィラード・ウォーターと私。」改めてこのテーマを振り返ってみて伝えたいこと。
「私にとって、あなたはまるで相棒のように、これからもずっと傍にいてほしい存在。」 これからも、どうぞよろしく!めぐみさま(30代 埼玉県)

めぐみさま(30代 埼玉県)
イラスト

私のひとり言

 小さい頃から肌が弱かった私が、Dr.ウィラード・ウォーターに出会ったのは20数年前、雑誌で化粧水の広告を目にしたのが始まりでした。最初は肌にトラブルが起きた時にウォーターを買って、コットンに含ませてパックする位でしたが、どんな状態でも、しみる感覚が1度もなかったので、いつの間にか化粧品のすべてがウィラードになっていました。娘と2人、毎晩コットンに含ませてパックするのを今日まで1度も欠かした事がないくらいです(旅行中も、入院中も)。50~60代前半にかけては、ウィラードの基礎化粧品だけでメイクもほとんどしていない日常でしたが、肌がしっとりしていて、友人から羨ましがられていました。
 10年前から主人が難病を患い、看病・介護の日々で、現在は入院しており、ストレスに加え疲れから、肌トラブルがひどく、3年くらい皮膚科と縁が切れない日々を送っていました。それでも、ウィラードの化粧品を愛用していましたし、ウォーターを外出時に持ち歩いて1日に何度か使っていました。
 昨年の暮れから肌のトラブルが悪化し、年明けには顔が真っ赤になり、家族からのすすめもあって、皮膚科を変えて診てもらいました。初診での薬の副作用が考えられる、との診断で、大学病院の皮膚科を紹介されました。大学病院の皮膚科でも同様に言われながらも、専門医によるカンファレンスを受け、皮膚の一部を取る生検も受けました。結果、当分の間、内服薬と外用薬を処方しないとの判断で、洗顔後はウォーターとスキンジェルの上からプロペト(保湿剤)を塗るだけの毎日で、通院中です。
 初めは真っ赤に顔が腫れて、鏡を見る度に心が折れそうでした。しかし、1日に何回もウォーターをスプレーして、3ヶ月を過ぎた今はだいぶ改善されてきました。外出時にマスクは欠かせませんが、通院の間隔も毎週から月2回に減り、担当医からも「良くなった」と言われるようになりました。最近は友人と食事やコンサートにも出掛ける気分になり、Dr.ウィラード・ウォーターとスキンジェルには助けてもらいました。
この20年1度も化粧品によるトラブルがなかった事に感謝しております。

T.Fさま(70代 東京都)

イラスト

病室、謎のカーテン越しのシュッシュ

 私とDr.ウィラード・ウォーターとの出会いは第2子妊娠中、切迫早産で入院生活の最中でした。カーテン越しに“シュッ”と、同室の女性が洗顔後に吹きつける謎の音が気になっていました。絶対安静での生活でしたので、顔を合わせて会話することは少なかったのですが、出産を終えて疲れているはずの彼女の肌は、ピンと張ってツヤツヤとしており驚きました(もちろんスッピンです)。
そこで思わずその謎の音の正体を訊いてしまいました。
彼女は「Dr.ウィラードって知ってる?」と。
 私にとっては2人目の育児は未知の領域。ただでさえ不安がたくさんある中で、この時彼女は色々なことを話してくれました。仕事も子供も大切なことや、これからの出産のことも。
 退院してすぐはじめた洗顔後のDr.ウィラード・ウォーター。ひと吹きの瞬間、彼女のピンと張った肌と瞳を思い出して、「さあ、今日も頑張るぞ!」と気合いを入れています。
 これからまた未知の領域、第3子の出産に挑みます。毎日、寝不足で疲れていても“シュッ”のひと吹きで乗り切りたいです。

彼女の退院日に撮らせていただいた、出産したお子さんと共に。

彼女の退院日に撮らせていただいた、
出産したお子さんと共に。K.Oさま(30代 神奈川県)

イラスト

命の恩人

 長いお付き合いのウィラード様、あなたは少なくとも2つのことで私の恩人となりました。
 1つ目、私のやっかいなドライアイを見事に緩和してくれました。長年コンタクトを使い続けたせいか、眼科に認められる立派なドライアイ。
数ヶ月おきに通院し、充血しては強い目薬を処方されていた私。このまま一生眼科通いかと絶望していた矢先、朝晩のスキンケアのついでにウォーターをシュッシュッ。読書の後、スマホ、テレビの後にもシュッシュッ。
な、なんと、あなたのおかげで格段に目の調子が良く、ほとんど充血しなくなりました。心底ビックリ!!
 2つ目、ある冬、私のお腹にできたしつこいカサカサ。医者からは乾燥肌と診断され、ステロイド軟膏を処方されましたが、使うのをためらいました。恐々と数日、塗ると消えるのですが、やめるとまた復活。このまま完治しないのではと絶望していた矢先、ボディベリーモイスチュアに出会い、毎日ぬりぬり。数年消えなかったカサカサが、な、なんと完治しました。心底ビックリ!!ウィラード様は魔法使いなのでしょうか?メイクはもちろんのこと、万能選手なのですね。
 私の人生を変えてくれたウィラード様、あなたのお席はいつも私のとなり。今日も明日も明後日も、これからずっと、たくさんの人達を助けて下さい。
あなたを待っている人が、たくさんいますから。

A.Oさま(40代 埼玉県)

イラスト

娘との毎日を明るくしてくれた
ウィラード・ウォーター

 もう何年も使わせていただいています。クレンジングジェル・化粧水・スキンジェルがお気に入りです。夏場以外はスーパースキンジェルを使用しています。使いごこちがさっぱりしているのに、浸透力の素晴らしさに大満足です。最近は、ウィラードゼリーも食べ始めて、とても食べやすくおいしく楽しみながらいただいています。食べ忘れるとなんとなく肌の調子が悪いような気がして、気がついたとき、あわてて食べるといった感じです(笑)
 実は、何年か前から娘も使用しています。娘は高校生から大学生にかけてニキビがひどく、特におでこには膿みをもったニキビがたくさんできて悩んでいました。もう本当に悩んでいて、「私の顔けずってよ」「私のおでこの皮膚けずってよ」と泣きながら言われたのが本当に辛かったのを今でも覚えています。
それで少しでも良くなればと思い、願うような気持ちで娘にも使わせてみたところ、膿みを持っていたニキビがだんだん落ち着いてきて、そのうち赤みも消え、今はうそのようにきれいな肌です。
 Dr.ウィラード・ウォーターは私と娘の毎日をとても明るくしてくれて、救ってくれたと思っています。これからもずっと使い続けます。 Dr.ウィラード・ウォーターに感謝!

T.Uさま(50代 福井県)

イラスト

自分の新たな命とともに

 Dr.ウィラード・ウォーターと出会い、早いものでもう18年目になります。私は若い時から敏感肌でトラブルが多く、特に香料・アルコールには敏感でした。高級化粧品や海外ブランドの口紅で口がタラコのようになります。その為、30年くらい前から無添加の化粧品を使っていました。
 Dr.ウィラード・ウォーターに出会ってまず驚いたのは、目に入っても痛くなく、傷にもしみない事でした。皆様のお便りと同様、ウォーターとジェルは我が家の常備薬です。いつも予備があると安心です。我が家の愛犬もお気に入りで、目の周りでも、シュシュッとしても嫌がらず、ケガをしても慌てて病院に行かず、ジェルをつけると気持ち良さそうです。旅行に一緒に行く時も、わんこグッズにはウォーターとジェルは必ず入れています。
 私は13年前、急性白血病でドナーさんから新しい命をいただきました。移植は血液型まで変わり、全身脱皮をしたり、副作用もさまざまで人ごとに違います。髪の毛は誰でも抜けますが、10年経っても生えない人もいます。私の場合、43日間の絶食後でまさにおばけ状態の時、夫がウィラード通信をたまたま読み、「ウィラードを注文しようか?」と言ってくれたのです。おかげ様で毛穴がなくなった頭皮から、産毛が生えてきました。2年後には、美容院に行ける程になり、感動しました。「ウィラード、ありがとう!」です。そして今、顔のシミやシワはすごいけれど、肌はツルツルで一番いい状態と言えます。感謝、感謝です。
 今はスカルプケアをお試し中です。頭皮も顔の一部と思っています。27年前からパーマは弱酸性パーマで、シャンプーにもすごく気を使っています。今でも髪の毛は黒く、染めた事は一度もありません。しかし、昨年入院をしてからは一段と髪が細くなり、悩んでいたところでした。ヘアウォーターもスプレーがとても使いやすくなり、最近は髪が少し立つようないい感じになってきて、うれしいです。これからも、よろしくお願いいたします。

O.Tさま(60代 愛知県)

イラスト

まるで長く連れ添った夫婦のよう

 私とDr.ウィラード・ウォーターとの出会い。それは雑誌の広告でした。ほかの広告と違いシンプルそのもので気にかかったのが最初です。どうしても記憶に残り忘れられず、再び広告を見た時は電話をしていました。それ以来のお付き合いですが、何年たつのでしょうか。覚えていません。ただ、他の化粧品との付き合いは短いのに、Dr.ウィラード・ウォーターだけは今も延々と続いているのです。ウォーターのスプレーはとても心地よく、気持ちよく、幸せな気持ちになり手離す気になれません。なくなるとすぐ注文します。平凡な日々ですが、その中で8年程前、息子が高校生の時と、今年の6月に劇的な体験をしました。
 一度目は、ある日曜の朝、息子の頬が原因不明で腫れてしまいました。目元まで腫れ上がり、無残な顔に…。その時お便りに載っていた様に、イチかバチかでウォーターとジェルの両方をたっぷりつけ、ガーゼで押さえました。もったいないくらいでしたが、「これで良くなるなら…」と神にも祈る気持ちでした。すると、何と翌朝には腫れがひき、少し赤みがかっていましたが、それもわからない状態で登校できました。まるでキツネにでもつままれたような気持ちで、嬉しい限りでした。
 そして、今年の二度目は、私のやけどです。鍋にお玉を入れていたのですが、いつの間にか高温でグニャリと溶け、私はそれを思わず手に取ってしまいました。お玉の一部が私の中指に付いてしまい、無残な事に…。慌ててお玉を外し、水道水で冷やしました。しかし、時計を見ると既に病院の診療時間外でした。その時、ふと息子の事が頭をよぎり、たっぷりのウォーターとジェルを、惜しげもなく、中指につけて様子を見ました。通常、やけどをするとジワジワ痛みを感じてくるのですが、その時はたいして痛みもなく、翌朝はほとんど良くなっていました。あの酷いやけどからは信じられないくらい、少しだけ赤く、膨れた程度で痛みもなく、日中は掃除、洗濯、食器洗い等、いつもと変わらず素手で過ごせました。夜はウォーター、ジェルをつけて寝ました。三日目の朝には、やけどの事すら忘れるほど、いつもの中指でした!
その時、病院よりも、ウォーター、ジェルだと確信しました。何かあってから…では遅いと思います。平凡な時こそ身近に、ウォーターとジェルを置いておくことが大事だとを再確認しました!
 Dr.ウィラード・ウォーターと私…出会いは、何となくそのシンプルさが気になって、声をかけて、それから使い出して、まるで空気みたい。でも、しばらくすると隣の芝生が青くみえて、ちょっと別の化粧品に…。すると、ウォーターの心地よい肌になじむスプレーでまた戻ってきて。本当に空気みたいで、ないと困る。よ~く考えると夫婦みたい。いつもいるのが当然で、困った時に再確認する。まるで長く連れ添った夫婦みたいに思えてくるのです。
Dr.ウィラード・ウォーターと私、夫と私、Dr.ウィラード・ウォーターと夫。
これからも長いお付き合いを、よろしくお願い致します。

Y.Tさま(60代 福岡県)

イラスト

救いの水、魔法の水

 世の中には出会って良かったと思える人や物、本、映画、また出来事が色々ありますが、私にとって本当に「良かったなぁ」とつくづく思える物のひとつが、Dr.ウィラード・ウォーターです。どういうキッカケで買ったのかは忘れてしまいましたが、もうかれこれ20年、途中色々と他の物にも目移りをしましたが、結局はDr.ウィラードに戻ってきます。当初は私しか使用していなかったのですが、今では家族みんなで使っています。
 そのキッカケとなった決定的なエピソードは10年以上も前、当時5才くらいだった姪が熱湯で足に小さなヤケドを負ってしまった時のことです。「痛い!痛い!」と泣いていたので、冷蔵庫で冷やしていたウォーターをコットンに浸して患部につけてあげました。すると、すぐに「あっ、痛くなくなった!」と叫んだのです。あまり効果を期待しないで何気なく使用した私も、これにはビックリしました。そして、それまでいくら私が「使ってみて」と言っても新しいものには飛びつかない母が、この様子をみて以来、すっかりDr.ウィラード・ウォーターを信用して愛用するようになりました。母は現在83才ですが、よく人から「さわらせて」と言われるくらい肌がポタポタでシワが少ないです。弟も「切り傷にシュッシュッすると痛みが消える」と言っています。私は手に小さな手術を2回したことがあるのですが、ウォーターを付けて、更にスキンジェルを塗りました。その時も患部がキレイになったと感じました。
 その他、目や歯にもシュッシュッと吹きかけ、ともかく皮膚にトラブルがあったときには、まずウォーターを付けます。必ず良い効果を感じます。まさに我が家にとっては、救いの水、魔法の水です。
 あっ、それともうひとつ。愛犬にも使っています。目ヤニを取り忘れると硬くなり、なかなか取り除くことができないのですが、ウォーターをひたひたに浸したコットンで目を拭いてあげると、溶けるようにスルッと取れます。犬も気持ち良さそうに大人しくしています。ホントに驚きです。
 これからもずっと使い続けていくつもりですので、貴社のますますの発展とDr.ウィラード商品の更なる充実を願わずにはいられません。

K.Sさま(50代 北海道)

イラスト

やっと出会えた

 化粧品の知名度や広告、情報は世間に溢れているけれども、本当に出会って良かった化粧品はDr.ウィラード・ウォーターだけです。初めて使用した人は、私も含めて「ただの水!?これが化粧水?」と、俄かには信じ難く、肌が丈夫でトラブルが無ければ手に取らないだろうし、使用しても正直言えば続けようとも思わないかも知れません。なぜなら、化粧水らしくないからです。そういう私は15年間愛用しています。一度も浮気をしたことはないし、基礎化粧品を変えようと思ったこともありません。
 学生時代は肌トラブルもなく、化粧品は安くても何でも良かったものです。しかし、働き始めてからすぐ、ストレスで大人ニキビができ始め、ひどい時は顔中に広がり、1つ1つが膿んで洗顔も痛く一苦労でした。とてもコンプレックスになり、日々悩んでいました。
 何気に店頭で手にしたお試しセットから始まったDr.ウィラードでしたが、すぐに効果があったわけではなく、「沁みないので使用できる」という事で、続けることができました。しかし、継続して使用することに意味があったのです。5年はかかったかと思いますが、徐々にニキビができなくなってきました。治って欲しくて、初めは惜し気もなく沢山付けていました。でも、Dr.ウィラードに出会うまで5年。治るまで5年。結局10年間も悩んだ肌トラブルでした。
 今では肌に自信がつき、若く見えると思い込んでいます。必ず10歳以上は若く見られるし、私も見られたいと思っています。30代後半の時も、「入社何年目?」「新入社員?」と聞かれたりしました。これからも若くいたいと思っています。
 悩んでいる人に「諦めずに続けて欲しい。絶対効果は出る。」と伝えたいです。2、3日で効果がある化粧品があれば良いのですが、世の中には「長く使用できる」事が一番大切だと思います。つまり、「長く効果がある」という事になるのです。
 今20代で肌に悩んでいても大丈夫です。40代で自信ある肌にもできるのですから。これからも自惚れず、Dr.ウィラード・ウォーターとともに、いつまでも努力するつもりです。

H.Yさま(40代 大阪府)

イラスト

心のホームドクター

 過去に20年間外国の化粧品を使用していて、ある時急に肌に合わなくなりました。5年間程肌につけられるものが何もなくなり困り果てている時、Dr.ウィラード・ウォーターに巡り合い、早10年になります。あの時にDr.ウィラード・ウォーターを知る事が出来て、つくづく本当に良かったと思います。
使ってみたらその気持ち良さに感動!それは今もずっと変わりません。Dr.ウィラード・ウォーターはどんな肌コンディションの時でも、そっと優しく私を助けてくれています。そして何より、「肌に沁みずつけられるものが1つでもある」という安心感もまた、肌が健やかでいられる、そんな気もしているのです。
 私にとってDr.ウィラード・ウォーターは心のホームドクター的な存在でもあるのです。超敏感肌の私の肌であってもチクチクヒリヒリしない、肌が嫌がらないスキンケアが1つある、そんな安心感が今ではお守りみたいになっています。
 Dr.ウィラード・ウォーターが私は大・大好きです!!他のスキンケア商品を使用するとすぐに違和感を覚えてしまいます。Dr.ウィラード・ウォーターを肌にたっぷりスプレーして、優しくハンドプレスするだけで、それだけで肌が元気を吹き返す・・・。本当に気持ちが良いです。自然と笑顔も増えて「さぁ、今日も楽しいことをして、プチ幸せをいっぱい感じて前向きに頑張りましょう!」と心の活力にもつながっているのです。
ありがとうございます。

T.Tさま(50代 兵庫県)

イラスト

いつも私のそばに

 18歳の冬。美容院で読んでいた雑誌に掲載の広告を見たのが、Dr.ウィラード・ウォーターと私の出会いでした。私は幼いころからアトピーで、薬が欠かせませんが、成長と共に少しずつ落ち着いてきていました。その頃、春から新生活の準備のため、母がお祝いだからと色々な物を買ってくれていました。その中でも、1番の楽しみは、化粧品一式を買ってもらう事。
 デパートのコスメカウンターへ行き、嬉しさと恥ずかしさでドキドキしながら、美容部員のお姉さんに声を掛けました。何も分からない私に、綺麗なお姉さんが肌を整え、メイクの仕方を優しく教えてくれる。憧れた幸せな時間・・・。ところが、みるみるうちに肌は真っ赤になり、心配してくれるお姉さんの声掛けすら、恥ずかしくて、悲しくて、涙をこらえ、人目を避けながら、急いで家に帰ってきたのを覚えています。
その後、薬で少し良くなり、美容部員のお姉さんが教えてくれた敏感肌用の化粧品メーカーにも行きましたが、結果は同じ・・・。皮膚科で教えてもらった化粧品もダメでした。母も色々気を遣ってくれましたが、赤みがとれてもボロボロになった肌を見ると、とても悲しく何をするのもイヤになりました。でも、せめて髪型だけでも可愛くしようと、美容院に行ったのです。何気なく読んでいた雑誌には、5~6社の基礎化粧品が紹介されていました。何故なのか、広告を見た瞬間思ったのです。
「Dr.ウィラード・ウォーターなら大丈夫な気がする。」
私は家に帰って直ぐにお試しセットを申し込みました。後日。届いたウォーターをつけてみました。良いのか悪いのか分からない・・・。でも、ふと鏡を見ると、いつもより澄んだ肌色をした自分が見えたのです。凄く嬉しかった。「これで何とかなる」そう思いました。
 あれから気がつけば20年弱。正直にいえば、ウィラード製品を使ったり、使わなかったりして過ごしてきました。アトピーの薬も使っています。それでも、ヘアカラーやパーマ、メイクなどの前後にDr.ウィラード・ウォーターを使う事で、トラブルや薬の使用をできる限り抑える事ができています。それは、おしゃれをする事を諦めきれなかった私にとって、とても大きなことでした。
入院した時も、Dr.ウィラード。家を離れた時も、Dr.ウィラード。
 夜中にやけどをして、病院が開くのを泣きながら待った時も、大好きな人に会う前も、お別れした時も、ストレスでハゲができた時も、気合いを入れたい時も、愛猫の毛が抜けてしまった時も、お祝いの時も、もうダメだと思った時も・・・。もっともっとあります。
「そろそろ母の日の準備をしなくては」、そう思っている頃、いつものようにウィラード通信が届き、中を見ました。「メッセージ募集・・あなたにとってDr.ウィラード・ウォーターはどのような存在か・・・」の文字。その時感じたのは、私にとってDr.ウィラード・ウォーターは「母」のような存在だという事。忘れている時もあるけれど、良い時も悪い時も、なにかあるといつも思い出す。そして、その時には、いつも変わらずにいてくれて、そっと背中を押してくれ、笑顔にしてくれる。更には、いつかちゃんと伝えたいと思っていることがあるのに、いつも先伸ばし・・・。私は今、毎日奮闘しています。そんな中、ローズウォーターをシュッとしてほっこりしつつ、スーパースキンジェルでチャージ。まだまだ続く私の人生。この先もいろ~んな事があるんだろうな・・・。Dr.ウィラード・ウォーターさんのお陰で、今の私があります。これからもずっと、いつまでも、私の側で私を支えてください。私、頑張りますからね。いつになるか分からないけど、また、お便りします。気長に待っていて下さいね。

C.Iさま(30代 愛知県)

イラスト

Dr.ウィラード・ウォーターに
助けられながら

 Dr.ウィラード・ウォーターに出会ったのは、20代半ばでした。豪華な化粧品よりも薬用っぽいものに惹かれがちで、シンプルで理知的なパッケージ、そして特殊な水!それに惹かれました。ただ、薄給ゆえに使ってみたのはDr.ウィラード・ウォーターの1種類だけ。でも、いつかちゃんと使ってみたいな…という憧れをずっと持ち続けていました。
 そして、10年も経ってから使ってみたシンプルなスキンジェル。その心地よさに驚きました。すうっと何の抵抗もなく肌に溶け込む使い心地は、まさにジェル状の水でした。私は香料に弱く、更に美白化粧品も使えません。どれを使ってもかぶれるし、UVガードしようとすると日焼け止めにもかぶれる。無香料の化粧品を淡々と使っていましたが、Dr.ウィラードのジェルを使うと明らかに肌のくすみが消え、明るくなっていきました。私にとっては高価なものですが、一回の量が少しでもきちんと効果が実感できるのです。
 私は日本茶の喫茶店で仕事を始め、お客様が隣の方の膝に抹茶をこぼしてしまったことがあります。量も多く大変熱かったので、こぼされた方にはたまりません。私はすかさず、その時持っていたDr.ウィラード・ウォーターのミニサイズをシュッシュッとお客様に吹きかけてみました。すると、お客様が「あら、途端に痛みがマシになったわ!」と機嫌を直されました。そのお客様にはミニボトルをお持ち帰り頂き、機嫌良く店を出られ、お陰様でその場もおさまりました。Dr.ウィラードの威力を実感した私は、それから職場にも常備しておくことにしました。
 私がある時、職場で転んで右顔面を打ちつけてしまいました。コンクリートがギザギザになっている荒い路面だったこともあり、それはたまりませんでした。自分が感じる痛みよりも外傷がはるかにひどく、血だらけで同僚が悲鳴をあげるほどでした。私は動揺しながらも、ロッカーに常備してあったDr.ウィラード・ウォーターのミニボトルをシュッシュッとしました。全くしみることなく、帰宅後もとにかく吹き続けていました。翌日になり、一応病院にも行きましたが、「特にこれ以上やることはありません」と言われ、ギザギザの傷も一週間もせずにほとんどわからなくなり、今は跡形もありません。Dr.ウィラード・ウォーターの威力を、身をもって実感したできごとでした。
 さらに続けて、同僚が酔っ払い、顔から転び、おまけにそのまま一晩眠ってしまったことがあります。翌朝、彼女のまぶたは酔いと打ち傷で腫れ上がり、眼がきちんと開かない状態でした。彼女は若い女の子で大変ショックを受けていました。私がため息をつきつつ彼女にDr.ウィラード・ウォーターを渡し、「眼に入っても大丈夫だから」と、とにかく何度も吹き続けるよう伝えました。するとやはり、みるみるうちに回復し、もともと白い肌なのに跡形ひとつなく回復しました。この後、彼女は結婚が決まったので、他人事ながらに本当にほっとしました。
 この3つのできごとはDr.ウィラードの効果が目に見えて実感できた事でしたが、他にも帯状疱疹の友人にあげたり、都会から四国へ嫁いだ友人が酷い花粉症に見舞われ、顔中に湿疹ができた時にあげたり。ことあるごとにお世話になっています。友人が晴れやかな顔になって、「効果があったわ!」と言ってくれることが何よりも嬉しいし、さほど親しくなかった人との縁まで深くしてくれる、私にとっては恩人のような存在です。既に40代後半になった私にとって、Dr.ウィラード・ウォーターはこれからも変わらず、ますますお世話になりたいと思っているお守りのような水です。

Y.Iさま(40代 愛知県)

イラスト

私のそばに
いつも Dr.ウィラード・ウォーターがいました

 「生きていくのに必要なものは、意外に少ないことを知りました。」…飲み水は川の水を浄化し、森の中で野宿をするという壮大な自然体験をした、小学校高学年のお子さんが書いた感想です。
 「こんなことが書けるのねぇ~」と感心しながら、ふと、「私にとって生きていくのに必要なものって…」と考えました。家族や友人、夢や希望…いろいろあるけれど、このお子さんの書いた「生きていくのに必要なもの」は、物質的な意味で書いています。私が国内外問わず、いつも必ず持参するものを考えた時、旅行先などでは購入できない、代わりが利かないもの。それは、18歳の時から今でも使っている洗顔用のカチューシャ、そして26歳になってからずっとお世話になっているDr.ウィラード・ウォーターの基礎化粧品一式。本当にこの2つだけは、どこへ行くにも手放したことがありません。
26歳の時、職場と職種が変わり、慣れない仕事と職場環境、そこに花粉症が加わって、一時期アトピー性皮膚炎になりました。それも、よりによって目の周り…。痒くて、二重瞼なのがわからないくらい腫れました。皮膚科で処方された薬を塗ると痒みは収まるけれど、塗った部分が塗っていない部分との違いがはっきりわかるほど白くなりました。更に今まで使っていた洗顔料、化粧水がしみる…。眼が腫れているから本当は人前に出たくないけれど、仕事も休めない状態でした。辛さを抱えながら出勤したのにも関わらず、「そんな顔なら、無理して来なくてもいいのに…」という心無い言葉に傷つきもしました。とにかく、痒み、ほてり、乾燥、毛羽立ったような肌を落ち着かせてくれる、そして肌にしみることなく保湿できる化粧水はないものか、温泉水を謳った化粧水、アレルギー体質向けのもの、いろいろ試してみたのですが、これといったものが見つかりませんでした。
 慣れない仕事、人間関係の前に、まず肌状態がストレスでした。顔を洗う度に痛みが伴い、「こんなことが苦痛に感じるなんて、いっそのこと顔を洗わない方がいいのでは?」と思ったりもしました。しかし、汚れや埃、何より花粉を落とさなければならないと思いました。本当に悩み続け、どうしたらいいのか途方に暮れていた時、新聞にDr.ウィラード・ウォーターの広告が載っていました。お試しセットが届き使ってみた所、しみませんでした。そして、水が肌にスーッと入っていくのがわかりました。それは驚きでした。あの肌の状態が嘘のように、肌が回復しました。気持ちも良くなりました。
 それ以来、Dr.ウィラード・ウォーターとはもうすぐ20年のお付き合いです。勝手なもので、肌の状態が良い時は価格が「高い」と感じたり、結婚と共に退職した時は「もしかしたら、ずっとは続けられないかも…」と思ったりもしました。しかし、肌の調子を崩してはDr.ウィラードで回復する様子をたびたび見ている夫は、私が使い続けることに目をつぶってくれています。
 40歳になった頃、急に市販のシャンプーが合わなくなりました。シャンプーとトリートメントもDr.ウィラードの商品を使うようになりました。すると息子も使うようになり、家族全員で愛用しています。
思い返してみると、私のそばにはいつもDr.ウィラード・ウォーターがいてくれました。入院するほど酷い妊娠悪阻(つわり)の時、ほぼ洗面所とベッドの往復だけでまともに入浴、洗顔すら出来なかった時、Dr.ウィラードのローズウォーターをプシューっとするだけで、気が紛れました。更に、出産後、赤ちゃんのお世話で精一杯で、化粧水すらすぐにはつけられなかった時。育児ストレスから、それまで全く無縁だった吹き出物がたくさんできた時。「楽しい時、うれしい時」よりも、「辛かった時」を思い出すのはどうしてでしょうか。でも、物言わずDr.ウィラード・ウォーターはいつも寄り添ってくれていました。そして、肌の状態を良くしてくれることと共に、私に元気を与え、心の状態も良くしてくれました。

Y.Nさま(40代 三重県)

イラスト

何かあったら
Dr.ウィラード・ウォーター

 Dr.ウィラード・ウォーターに出会ってから、もう15年以上が経ちます。人生の半分を共に生きてきました。その間、正直何度か浮気したこともありました。しかし、帰って来る場所はいつもここ、Dr.ウィラード・ウォーターでした。エステの商品や某有名メーカーの商品もいくつか試してみましたが、必ずと言っていい程、肌の状態が悪化しました。その度に、精神的にも落ち込みました。
 「Dr.ウィラード・ウォーターのいいところ、そして私がずーっと使い続けている理由は、「変わらない」ところにあります。どんなに肌が荒れた状態でも、決してそれが悪くなることはありません。自分が生まれながらに持っているものを、ムリなく引き出してくれるため、肌に負担をかけずに治してくれます。その分、完治するのに多少の時間はかかりました。
 「かつては即効性ばかりを考えていた私なので、他商品に浮気もしましたが、Dr.ウィラード・ウォーターは「使っても良くならない」ではなく、肌そのもののいい状態をキープしながら、細胞を活性化させ、治していくものだ、と私は個人的に思っています。なので、使えば使う程、酸化された細胞が、言わば、生まれた時の状態に(←みなさん生まれた時はつるつるのお肌で出てきますよね!)還元されるので、肌荒れが起きにくくなるのではと思います。そして、もし肌荒れをしても、完治するまでの時間が短くなりました。「何かあったらDr.ウィラード・ウォーター」家族全員で使わせて頂いております。本当に感謝しかないです。有難うございます。

C.Nさま(30代 富山県)

イラスト

たくさん助けられました

S.Kさまさまイラスト

 20代前半のニキビがひどい頃に、Dr.ウィラード・ウォーターと出会いました。たまたま雑誌か何かでトライアルセットを見かけ、軽い気持ちで試してみたところ、目に見えて肌がキレイになり、本当にびっくりしたのを覚えています。以来、敏感肌の友達に勧めたり、子供の乳児湿疹やあせもの治療に使ったりと完全に信頼しきってお世話になっています。
 最近では、花粉による目の下のかぶれに効果がありました。まつげの生え際が固くなってポロポロ皮がはがれ汚い状態だったのですが、いつも目をつぶってシュッシュしているところ、目を開けたままシュッシュすると効果てきめんで、1週間経たずに元通りになりました。しかも目のかゆみも治まり一石二鳥!これからもずっとお世話になりたいです。本当に出会えて良かったです。

S.Kさま(30代 群馬県)

イラスト

闘病を乗り越え

 Dr.ウィラード・ウォーターを最初に買ったのは、25年以上前だったのでしょうか。その頃は、まだ化粧品というと「THE・化粧品」というように、香りがしっかりとついているものが主流だったような記憶があります。強い化粧品の香りが好きではない私には、敬遠したいようなものが多く扱われていたと思います。
 私が香りの気にならない使い勝手の良いものを探していた時、池袋のロフトでDr.ウィラード・ウォーターと出会いました。棚に並んでいたのは、1種類のシンプルなシリーズでした。横にウィラード博士の写真の載ったパンフレットがあり、「分子構造の違う水で博士はやけどに使った」とかが書いてあったと思います。ただの水なら一番シンプル、と言うことで試しに買ってみました。
 その後もトラブルもなく使っていましたが、ある時、料理中に火傷をして慌てる中思い出したのが、そのパンフレットの一文でした。さっそく使ってみたところ、痛みも長引くことなく、きれいに治りました。これにはびっくりです。これは、記憶に残りますよね。
 ある日、ゴルフに出かけた主人が真っ赤に日焼けして帰ってきた事がありました。もちろん、Dr.ウィラード・ウォーターを無理やりシュッシュッ、と吹きかけましたよ。主人はばかにしていましたね、その日は… 。しかし、翌日、自ら「おい、あれ貸せ。」と言って、シュッシュッと吹きかけ始めました。お陰さまで酷い皮膚炎にもならず、きれいに黒くなり感心しました。
 さらに、友達の家族と海に行った時のことです。色白の友達は日焼けが酷くなり、とうとう医者に行く羽目になりました。首から胸にかけてガーゼをあてた彼女の姿は、痛々しいものでした。私は持参した携帯用のDr.ウィラード・ウォーターを渡しました。それから数日後、彼女から電話があり「あれ、どこで買えるの?」って!
 改めて驚いたのは7年程前。私は乳癌になりました。2度目の乳癌です。今回は、化学療法を受けざるを得なくなりました。化学療法を受けるともちろん皮膚にも大きな影響が出てきます。もちろん、髪も抜けますし、皮膚も大変敏感になるそうで、そうなると石鹸一つも慎重に選ばないといけません。結局、その時もDr.ウィラードのシリーズにお世話になりました。お陰様でトラブルなく無事に過ごすことができました。
 治療も終わりに差し掛かった頃でした。送られてきたウィラード通信の中に、年配の方がヘアウォーターを使用して髪の状態が良くなり丈夫になってきた、と。これが私の目に留まりました。当時、治療が終盤の頃で、かれこれ半年以上禿げた状態でいました。私はDr.ウィラード・ウォーターを使うことにして1週間ほど続けていると、薄くではありますが髪の毛が生えてきているように感じられました。しかし、これは私の希望的観測かも知れず、家族にも言わず鏡をのぞき続けました。それから4、5日たった頃でしょうか。娘が、「お母さん、頭が黒くなってきてない?」と言ったのです。私も本当に!本当に!びっくり。私はその時はまだ、抗がん剤の投与が2回ほど残っていたところです。それからせっせとDr.ウィラード・ウォーターを吹きかけ続け、髪は極端な縮れなどもなく、今まで通りまっすぐな直毛で生えてきました。無事に生えてきてくれた髪にも、今もDr.ウィラード・ウォーターを吹きかけています。今でも不思議な気がしています。だけど本当なのです。私の髪は治療開始から2週間ほどで、すべて抜け落ちてしまいました。髪の毛は治療が終了してから初めて生えてくると聞いたことを記憶しています。けれども、確かに薬を投与している間に生えてきたのです。「どうしてか?」今でも不思議な気持ちです。
 私がDr.ウィラード・ウォーターを使い始めた頃は小学生だった娘も、成長して今ではDr.ウィラードの愛用者になりました。近頃は専ら娘に便乗して、ネットで買ってもらっています。これからもずっと一緒です。どうぞ、よろしくお願いします。

M.Oさま(60代 東京都)

イラスト

君と出会ったその日から、
なんとなく幸せ

 「肌さえキレイだったら…」写真を撮る時、服を選ぶ時、髪型を変える時。いつも、荒れた肌が私を憂鬱にさせました。社会人になり忙しい毎日の中で、いつの間にか私の肌は学生時代のなめらかさを失っていました。気付くと、いつものスキンケアも合わなくなっており、何を使ってもどんどん肌は赤く、ぶつぶつができ、乾燥してカサカサになりました。周りの人に心配され、「アレが良いらしい」とか「コレを試してみたら」など色々言われるたび、他人から見た自分の肌のひどさに落ち込む毎日。鏡を見るのがつらかったです。
 ある日、雑誌を読んでいて突然視界に飛び込んできた広告のキャッチコピー「何も使えない私たちを潤す」それは衝撃でした。「何も使えない私たち」とは、まさに私のことでした。半信半疑とはこういう気持ちなのか、と思いながらトライアルセットを注文しました。
 今思えば、あの時、あの雑誌を読んでいて本当に良かったです。
 Dr.ウィラード・ウォーター、スキンジェル、モイスチュアクリーム、クレンジングジェル。この4点セットは今では私にとって欠かせないものになっています。無いと困ります。何を使ってもダメだった私の肌が、Dr.ウィラードのスキンケアは受け入れてくれたのですから。
 最初は、肌が悪化しないことが一番重要で、そこをクリアしただけでも私としては感動でした。しかし、それ以上にすごいのは、少しずつ、本当に少しずつですが、乾燥を感じなくなったり、赤みが和らいできたり、肌に触れるたび「変わった」と思えたこと。今までは怖くてメイクが出来ませんでした。それが、今ではきちんとメイクをして、堂々と人前に出ることができます。周りの人に「肌、キレイになったね」と言われた時は嬉しくて仕方がありませんでした。Dr.ウィラードに出会ってまだ1年半くらいです。これからもずっとお世話になります。
 最近好きな音楽があります。その歌詞に「まさに!」と思えるフレーズがありました。「きみと会った その日から なんとなく しあわせ」私にとっての「きみ」はDr.ウィラード・ウォーターです。

Y.Oさま(富山県)

イラスト

家族3世代でDr.ウィラード・ウォーター

 末娘出産後に突然のアトピー発症!!ステロイド剤とメイクのストレスで心身ともにピンチの時に出会ったのが、Dr.ウィラード・ウォーター「愛称 シュッシュッ」でした。当時は他のスキンケア同様、ダメ元で使い始めました。しかし、まさしく「魔法の水、シュッシュッ」に救われ、20年余り(時々他の商品に浮気することもありましたが)今では我が家になくてはならない存在で、家族3世代で愛用させて頂いております。子供達が小さい頃は事あるごとに「シュッシュッ」して、と。
 末娘が小学生の頃、水いぼが流行り、まわりの友達は病院で痛い思いをして治療したにも関わらず、末娘はDr.ウィラード・ウォーターのウォーターパックとスキンジェルで傷跡も残らず完治した時は本人もビックリ!!それからは「シュッシュッ」のトリコです(笑)。
 思春期には真っ黒に日焼けをしたにも関わらず、深刻な肌トラブルにも悩まされることはありませんでした。特にお世話になっていた子供2人は、それぞれ家庭をもった今でも、我が家に寄ったときは「シュッシュッ」をちゃっかりお持ち帰りするぐらいです。かわいい孫たちにも、「シュッシュッ持ってきて」と言うと、洗面所からウォーターを持ってくるので、しっかり浸透しているのだな、と…。最近では、花粉症に悩まされている主人も愛用中です。
 今年初め、紫外線が特に強いオーストラリアに滞在中の娘から、顔が日焼けでひどい状態になっているとのことでSOSが!!症状を詳しく聞いても、ひと言「汚い」と写真も送ってもらえず。ひとまず、いつもより多く、長めにウォーターパックをして、常にシュッシュッすることを勧めました。顔だけが特に心配だったので皮膚科の受診も勧めましたが暫くしてLINEに「治ったー!!」と、またひとつ「魔法の水」を実感させられました。
 長々と体験談を書いてきましたが、これでもほんの一部です。
 最後に、50代の今、年相応にシミやシワはあります。でも、Dr.ウィラード・ウォーターと出会って愛用してから、20代や30代の頃より今の肌がすごく好きです。良いものは代々受け継がれていく!!と言います。我が家にとっても「シュッシュッ」はそのひとつです。末長いお付き合いになると思いますが、宜しくお願いしますね。

R.Kさま(50代 愛知県)

イラスト

私のお嫁入り道具

 42歳にして結婚することになりました。
彼から褒められることはほとんどありませんが、「肌だけは41歳ぐらいに見えるかな…。」と、彼らしい控えめな愛情表現をしてくれます。
 Dr.ウィラード・ウォーター様。ありがとうございます。
あなたのお陰で、42歳にして大好きな人に褒めてもらい、結婚することになりました。あなたをお嫁入り道具に入れて今月、お嫁に行きます。

H.Nさま(40代 石川県)

イラスト

私の転機とDr.ウィラード・ウォーター

 当時私は28歳、子供もまだ1歳になったばかりで毎日がとても忙しく、自分の身体の不調にも全く気付かない日々を送っていました。育児休暇を経て仕事復帰して間もない時期でもありました。ある日、仕事中に突然左半身の力が抜けて吐き気とともに急に座り込んでしまいました。立ち上がることができなくなったのです。病院で検査を受けたところ、悪性脳腫瘍であることが判明しました。大がかりな治療を受けるにあたり、約3年間の治療期間を過ごしました。点滴や放射線治療、さまざまな治療をした後には、血色も肌の調子も悪く、更にはアトピーの症状も強く身体に出ていました。
 しかし、この入院中が私の転機でもありました。入院中に出会った50歳後半の女性が、私のアトピーの話を親身に聞いて下さり、その際、Dr.ウィラード・ウォーターの話も聞かせてくれました。その方の娘さんも同じくアトピーで悩まれたようで、Dr.ウィラード・ウォーターを愛用しているとの事でした。
 「ただの水なのに値段高いなぁ…」と思いながらも、当時の私はどうしても見た目だけでも少しずつ自分を取り戻していきたいという気持ちがいっぱいありました。継続して使用を続けていると、肌が少しずつ変わり、ブツブツがおさまり、しっとりと潤いが戻ってきたことを実感しました。そして、肌が黒ずんでいたのが、明るくなってきたのです。色素沈着がひどかった腕の部分にも、いつもたっぷり使っていました。半年、1年、継続して使うことによってこの夏も半そで服を堂々と着用できるくらいに回復しました。最初は、化粧水だけを使っていましたが、乳液、美容液、メイク用品、ゼリーとすべてウィラード商品を揃え、この商品を信頼し長く付き合っていこう!!と思います。

R.Mさま(30代 大阪府)

イラスト

病院へ行く前のDr.ウィラード

 Dr.ウィラード・ウォーターとの出会いは17、8年前にもなるかと思います。「病院へ行く前のDr.ウィラード」と思って使っています。軽いトラブルは通院する必要もないことが多いです。避難グッズのリュックに、ミニサイズのスキンジェルも入れています。Dr.ウィラード・ウォーターと多くの思い出があります。
 【シャンプー】家族が、抗がん剤、副作用で臭いに非常に敏感な時期、Dr.ウィラードのシャンプーだと洗うことができました。本当にありがたかったです。
 【蕁麻疹】ある日、仕事が終わるやいなや、70代の母から電話があり、「早くあの水を持ってきて~!気が狂いそう!かゆい、かゆい」と。突然、母のお腹や背中に蕁麻疹が発症したのです。目にした私も「これはひどい方だな…」と。私にも経験がありますが、どういう訳かかゆみは夜中に強まる傾向にあります。翌日病院に行くまでの間、Dr.ウィラード・ウォーターとスキンジェルを塗り、母は熟睡は出来なくても、途切れ途切れでも寝ることができていた様子でした。「あの時、Dr.ウィラードがなかったら一体どうなっていたんだろう」と、後で怖くなりました。病院ですぐに点滴で治療をしてもらいましたが、原因は不明でした。
 【若い女性がおでこに火傷】私がウィラードを使い始めた昔の話です。職場の和菓子店の20歳くらいの女性職人が銅鍋で、おでこに大きな火傷をしてしまいました。社内の人は、「かわいそうだけど、あそこまでやっちゃうと跡が消えないかも…」と話しているのを耳にしました。私は家にあった70mlのDr.ウィラード・ウォーターを彼女に渡し、「とにかく毎日スプレーしてみて!!」と伝えました。若い女の子だけに「跡が残らなければ良いな」と祈るような気持ちでした。
それから、多分3~4週間経った時だと思います。彼女から嬉しい声が。「ありがとうございました。1本使い切りました。とにかく、シュシュッしていました。」と。彼女のおでこには、何も跡が残っていませんでした。北国出身の色白の方でしたので、私もこんなにも成果が出るとは正直思ってもいなく、本当に良かったと思うと同時に、Dr.ウィラードのすごさを実感した最初の出来事でした。きれいに治った彼女を見た社内の人は「まだ若いから治ったんだよ。」とは言っていましたが…。もちろんそれも理由の一つではあるとは思いますが、女性の顔だけに、きれいに治るに越したことはないので。
 私自身の経験の中でも、焼型で火傷した時、スキンジェルとDr.ウィラード・ウォーターを浸したコットンの上にラップをして、毎日回復を待ちました。焦げ茶色の火傷が、日々うすくなっていくのが、嬉しかったです。40代、跡になることは多少覚悟はしていましたが、今は何も残っていません。
 いつか、いつか、この効果と感謝の気持ちをお伝えしたいと思っていた矢先、「ウィラード・ウォーターと私」の企画があり、思いを書かせていただきました。愛用しているもののメッセージとしてお伝え出来れば、うれしいです。今後もお世話になります。

これは、私のDr.ウィラード・ウォーターの日常使いベスト8です。


第1位 傷の跡、虫刺され跡
傷に残りやすい肌質ですが数日間スキンジェルを塗り続けると薄くなるペースが早いです。
第2位 口角切れた時
切れて痛む事が多々あります。歯ブラシが苦痛の時でもスキンジェルを塗り、1~2時間で少し和らぎ、口も開けやすくなります。家族で実感しています。
第3位 靴下のゴムのかゆみ
赤味を帯びて少し腫れ、痒くなった時にDr.ウィラード・ウォーターやスキンジェルで、不快感が緩和されています。
第4位 皮膚に出て来た、吹出物
スキンジェル、あるいはコットンにたっぷり浸したDr.ウィラード・ウォーターを貼って寝ると、治らずとも悪化はしません。足の脱毛をした後も、ブツブツ炎症の鎮静化になります。
第5位 ヘルペス(口唇)
ヘルペスは対処が遅い分悪化し、治りが悪くなります。
以前、愛用者メッセージで目にしたのを思い出し、スキンジェル塗っておくと、幾分進行が抑えられました。治らずとも、悪化することはありません。薬がない時は、ありがたく感じます。
第6位 花粉症
鼻のかみ過ぎで、鼻の下が痛くなったり荒れた時、スキンジェルやモイスチュアクリームで、保護しています。
第7位 おでき
時々、おしりに出来てしまいます。スキンジェルを塗り、Dr.ウィラード・ウォーターに浸したコットンを貼っておくと、化膿せず回復します。うす皮が何回も剥がれ、皮膚の再生を実感します。
第8位 頭皮のかゆみ
15年以上、他のシャンプーは使えません。毎日洗髪はしますが、体調が悪い時に2~3日洗わなくてもそれほど痒くならずに済みます。

M.Kさま(40代 千葉県)

特別賞イラスト
イラスト

食べることと同じくらい、安全

食べることと同じこと。
食べ物の安全性を気にするように
肌にも安心・安全を。
そして、確かな効果も。

Y.Mさま(40代 静岡県)

特別賞イラスト
イラスト

ふわふわシャンプー

佐久間 愛宮さま(東京都)

PAGE TOP