Pocket

プレママ&ママのコピー

天気も良くお出かけ日和が続きますね☆
行楽シーズンでもあり、外に出かける機会も増える季節ですが、
経験談として妊婦さんにはぜひ紫外線対策をしてから出かけてほしいです。

 

妊娠中のマイナートラブルの1つに突然でてくる「シミ、そばかす」があります。

妊娠中に「シミやそばかすができて困っている・・・。」というママは多くいらっしゃいます。
これはお肌のケアをさぼっていたからできたシミというわけではなく、妊娠中に起こるホルモンバランスの変化による影響が大きいと言われています。

妊娠中は“エストロゲン”と“プロゲステロン”という女性ホルモンの分泌量が多くなります。
メラノサイト(シミの原因となるメラニン色素を生成する部位)は、この女性ホルモンの増加を受けて活発化し、メラニン色素を多く生成するようになるため、妊娠中はシミやそばかすができやすいのです。
0683b35388e1d1941224a677a41b35ce_s
このように、妊娠中のホルモンバランスの乱れによって起こるシミのことを『妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)』と言うのですが、一般的に、妊娠性肝斑は通常のシミよりも消えやすいとされています。
産後、ホルモンバランスが整うことにより、なくなっていくことが多いのです。

しかし、一過性のものだからと油断して、手抜きUVケアをしていると大変な事に!
女性ホルモンが原因のものは消えても、紫外線が原因のものは消えなくなってしまいます。

妊娠中は特に紫外線の影響を受けやすいのでいつも以上にUVケア、美白ケアを徹底しましょうね♪