内側から健やか肌に(文字)

最近は、必要なビタミンやミネラルを食事以外のサプリメントから補う人が増えています。
確かにサプリメントは、不足する栄養素を補う上でとても役に立ちます。
しかし、取り入れたサプリメントの栄養素を無駄なく活用するためには、正しい選び方と正しい使い方を知ることが大切です。

前回は、使い方についてお伝えしましたので、今回は、「選び方」についてお伝えいたします。

 

コンビニエンスストアでもインターネットでも、どこでもサプリメントが売られています。
また作る側も、製薬会社、製菓会社、飲料水や化粧品を販売している会社といったどんな会社でもサプリメントを製造しているのが現状です。
健康ブームといわれ、たくさんの情報や商品があふれている中でサプリメントを使用している皆さんは、どんな基準で選んでいますか?
今回は、管理栄養士のわたしがサプリメントを選んでいる基準を3つお伝えいたします。

c59cbdf40b1771d85a904c332f87c7d2_s

①天然素材が使われているサプリメントである
サプリメントには天然物と合成物があり、石油から合成する方が低コストなので、多くのサプリメントは合成です。
しかし、体のことを真剣に考えるなら天然素材を原料としているサプリメントを選ぶ必要があります。
ちなみに、国内メーカーだからといって安心できるわけではないので、成分表示や原料について会社に確認することもあります。

 

②新鮮なものである
サプリメントにも鮮度があります。
なんどか出てきていますが、サプリメントは薬ではなく、食品です。
製造されてから、どのくらい経っているものなのか?
または、原料が採取されてから製品になるまで、どのくらいの期間がかかっているのか?
意外と見落としがちなポイントです。

 

③体に不要なものは含まれていない
表示されていない添加物もあります。
たとえば、錠剤のサプリメントは、栄養素だけでは固まらないので、固めるための成分を加えています。
これらの含有量を公表しているメーカーはほとんどありませんが、どんなに良質なサプリメントを作っている会社でも栄養補助には関係ない成分を使っています。
しかし、健康のために摂るサプリメントなので、出来る限り体に不要な成分は入っていない方が良いですよね。
まずは、人工香料、人工色素、人工保存料などが入っていないものを選ぶことを心がけています。


サプリメントは、不足する栄養素を補い、健康へのサポートをしてくれる製品なのですが、世の中に出回っているものの品質はピンキリです。
栄養素がチームで働き、自分の体をより健康へと導いてくれるサプリメントを選んでいただければと思います。

∞最後までお読みいただきありがとうございます∞