Pocket

内側から健やか肌に(文字)

日に日に気温が下がり、本格的な冬がすぐそこまで来てますね。

冬になると乾燥肌が気になる…肌トラブルが増える気がする…
そんな方も多いのではないでしょうか?

これは、体の“冷え”が関係しているんですね。
冷えと肌トラブルの関係を体の内側からみていきましょう。

 

寒い場所にいて体が冷えると、体温を維持しようとして全身の血管が縮まります。
血管が縮まると、血液の流れが悪くなり、体の働きが下がります。
代謝が下がると、さらに身体が冷えるという悪循環におちいります。

しかし最近では、健康的な体温(36.5℃以上37℃以下)よりも元々の体温が低い人が非常に多く、普段からこの悪循環におちいってしまっている人も多いんです。

742d165a75c2d857d8af961d2686713c_s

体温が低いことで冷え性になっているのか、冷え性のため低体温になっているのかは不明ですが、冷え性の人も増えているため、低体温と冷え性は非常に関係しているといわれています。
そして、冷え性と肌トラブルも非常に関係しているんです。

 

血管は、体中の細胞に栄養素と酸素を運び、細胞の生まれ変わりをサポートしています。
しかし、体が冷えていると先ほどの悪循環(血液が縮まる⇒血液の流れが悪くなる⇒さらに体が冷える)といったことに加え、肌をつくるための栄養素や酸素がスムーズに運ばれなくなってしまいます。

すると、肌の生まれ変わりがうまくいかなくなり、健やかな肌が作られなくなってしまうのです。
その結果、乾燥しやすくなったり、赤みやかゆみがでてしまったりしてしまいます。

 

そのほかにも体が冷えていることにより
■免疫力の低下
■月経不順
■月経痛
■内臓機能の低下
■不妊症
■むくみやすい
■代謝が悪く、痩せにくい

といったからだの症状も現れます。 

からだが冷えないように、足首や手首、首を温かくする。汗をかいたらすぐにふき取る。といったこと以外にも寝不足やストレスなどで血液の流れが悪くならないように生活習慣を見直すことが大切です。
お食事のポイントは、次回に。

∞最後までお読みいただきありがとうございます∞