Pocket

プレママ&ママのコピー

妊娠初期には“つわり”で心身ともに参っているという人も多いはず。
そこに風邪をひいたとなると、ダブルパンチですよね・・・。
ですが、妊娠初期は風邪をひきやすいように感じます。これは、おなかの中で胎児が急ピッチで成長していて、免疫力が低下してしまう時期だから。

そこで今回は、妊娠初期に風邪をひいてしまったときの対処法について書きたいと思います。

 

風邪を引くと、体内に侵入したウイルスを追い出そうとして、咳や鼻水、くしゃみ、発熱などの諸症状が現れるのは妊娠中も同じです。
ただし、妊娠中は、どれくらいの熱が出ているかが問題です。
37度前後の微熱なら、ゆっくり体を休めて、温かくしていれば2、3日で治るので自宅で安静にしていましょう。

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

しかし、38度以上の高熱が3日以上続いている場合は、注意が必要。
妊娠中は、いろいろな病気の人がいるので、なかなか病院には行きにくくなりますが、数日経っても症状が軽くならない場合は、病院を受診してください。
病院を受診する際は必ずマスクを着用し、帰宅したら手洗いとうがいをしましょう。

 

免疫機能が弱くなっているため、妊娠中は風邪を引きやすいのですが、風邪を引いてもすぐに治せるような体を普段から作っておけるといいですね。
規則正しい生活を送ったり、栄養バランスに気を配った食事をしたり。
妊娠中にいきなり習慣を変えようとするのは難しいと思います。
なので、いつか赤ちゃんがほしいと思った時から生活習慣を見直し、妊娠中の負担を和らげることにつなげていけたらいいですよね。

 

d89ce87fb103ba61debe6473c93d8f81_s

 

どうしても、薬の力を借りないと耐えられない・・・。
そんな時もあるかと思います。

妊娠初期は、薬が胎児に与える影響が大きい時期でもあることは、 皆さんご存知だと思います。

心配が絶えない時期ですが、 普通の風邪であれば胎児に影響が出るとは考えにくいです。
そして、かなり強い薬(抗ガン剤やホルモン剤、抗うつ剤など)でなければ、胎児への影響はあまりないようです。

ですが、風邪薬は服用可能でも決して自己判断はせずに、 産婦人科の先生に相談をしてから服用するようにしてくださいね。
風邪に負けず、快適な妊婦生活が送れますように。