内側から健やか肌に(文字)

これから年末年始に向けて、忘年会や新年会といったお酒を飲む機会が増える方もいるかと思います。
そんな時は、おつまみの選び方を気をつけることで、翌日のお肌のコンディションや疲れ方が変わってくるんです。
師走を最後まで健やかに過ごすために!今回は、飲み会の翌日も健やかに過ごせる“おつまみ”についてお伝えいたします。

 

適量のアルコールは、血行を促進し、気分をリラックスさせてくれるため、お酒を飲むこと自体が肌のコンディションに悪い影響を与えているわけではないのです。

しかし、お酒が体の中で分解しきれずに出てくるアセトアルデヒドという物質が、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を乱したり、お酒を分解するために肌をつくるために必要なビタミンが奪われてしまったり…
自分の限界を超えてのアルコール摂取は、それだけで肌にダメージを与えているのでこちらも頭に入れておいてくださいね。

87672068af58c62f87115cbdf003f509_s

では、アルコールと一緒にどんなものを一緒に食べたら翌日もむくみや肌荒れにつながらないのでしょうか?

1.アルコールの代謝を助けるビタミンB1

〈多く含まれる食材〉
 枝豆・冷奴・納豆・豚キムチ炒め など豚肉や大豆・大豆製品は、ビタミンB1を豊富に含む食材です。
豚肉は、脂の少ない赤身を選ぶのがおすすめ。

アルコールの分解は肝臓で行われていて、その際に使われるのがビタミンB1です。
また、ビタミンB1は、炭水化物(糖質)をエネルギーに変える時になくてはならない栄養素です。
ビタミンB1が多いおつまみを食べることでアルコールをきちんと分解することができ、エネルギーもしっかりと作られるため翌日の疲労回復につながります。

 

2.肝機能を助ける

アルコールを分解する酵素をつくることができるたんぱく質を多く含む食材や肝臓のアルコール解毒作用を助けるタウリンを豊富に含む食材がおすすめです。
〈たんぱく質が多く含まれる食材〉
豆腐料理・焼き鳥のささみ・チーズ など
〈タウリンが多く含まれる食材〉
イカ、タコ、エビなどを使った料理・あさりの酒蒸し・牡蠣フライ など

 

3.アルコールの吸収を穏やかに

野菜には、ビタミンや食物繊維が豊富に入っているので、アルコールの吸収を穏やかにしてくれます。
また、野菜スティックやゴボウはよく噛む必要があり食べ過ぎを防いでくれます
おつまみと言うと、脂っこいものや塩辛いものを、ついつい選んでしまいがちですが、最初に食べるものは枝豆や野菜サラダ、キノコ、わかめ(海藻)などがおすすめです。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

飲み会の次の日は胃腸がお疲れ気味。
胃腸を休めることも大切なので、朝食には生のフルーツや野菜がおすすめです。ジュースやスムージーだと手軽にとることができますね。

また、体の中の代謝と排泄をスムーズにするため、水分もしっかり取りましょう。
ただし、水分に含まれるのは水かノンカロリーのお茶です。甘い飲み物やコーヒーでの水分摂取は入りませんので注意してください。

 

∞最後までお読みいただきありがとうございます∞