Pocket

プレママ&ママのコピー

妊娠すると脚の付け根や骨盤の関節が痛くなったり、腰が痛くなったり…
妊娠しておなかが大きくなってくるから腰に負担がかかっているのかと思ったら、実はそれだけではないようなのです。おなかが目立ってなくても、腰が痛くて動くのもつらいという話も聞いたことがあります。

そこで、今回は妊娠中に起こる腰痛の原因とその対策についてです。

 

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。
1つはお腹が大きくなることで姿勢が変化することによるもの、
もう1つは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるものです。

43ddc50d3799f504f65d775204ff6ee8_s

妊娠による重心変化で起こる腰痛

お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。
その姿勢の変化が骨盤の傾きにも変化を生じさせ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加するため腰痛が起きるといわれています。

姿勢の変化が起きていても腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する以前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があります。
妊娠前の腰痛が、腰の筋肉や関節、椎間板への負荷に関わる場合、妊娠後の姿勢の変化により、再び腰に負担をかけてしまうのです。

普段から腰痛のあった方は、妊活中から姿勢を意識することがおすすめです。

 

 

妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛

妊娠中に分泌されるホルモンの影響を受けて関節が不安定になり、腰の痛みに繋がることもあります。
妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。このホルモンは、赤ちゃんがスムーズに狭い骨盤を通過できるように骨盤の靭帯を緩ませるはたらきがあります。

普段は靭帯が関節を支えているため、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。
骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。

「リラキシン」は、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期に腰痛が起きてしまうのはこのホルモンの影響が考えられます。

 

妊娠中の腰痛対策法・予防法

腰痛の発症や悪化には、腰を支える筋肉の血行不良が関係しています。
できれば、妊娠前から適度に体を動かして、腰を支える筋肉の血流を良くしておきたいですね。

また、妊娠中も運動不足にならないように体を動かしたり、血流を良くするためにお風呂に入ったり、体も心もリラックスできるように心がけましょう。