敏感肌コンシェルジュ

【秋こそヘアケア時♪】夏のダメージは秋の髪に現れる?ダメージの原因と対策をご紹介!


月夜がひときわ美しく、頬にふれる風にも四季の移ろいを感じるころとなりました。

秋の髪は夏のダメージが出やすいことを、みなさまはご存知でしょうか。

 

・髪にツヤがなく、パサつきを感じる

・切れ毛、枝毛が目立つ

・抜け毛が増えた

・頭皮のトラブル(かゆみ、ふけなど)

 

今、このようなお悩みを感じている方は、夏のダメージが原因かもしれません。

今回は、ダメージの原因と対策についてご紹介いたします。

 

秋に、髪がパサつくのはなぜ?

夏の終わりが近づくと、髪のダメージを感じる方も多いはず。

肌がダメージを受けるように、夏の間、髪にも大きな負担がかかっています。夏に受けたダメージが表面化してくるのが、秋ころなのです。

 

原因① 紫外線ダメージ

紫外線量が増える夏、髪や頭皮には紫外線ダメージが蓄積し、そのダメージは秋になってから現れます。
紫外線ダメージを受けた髪はキューティクルが乱れ、髪内部のうるおいが保てず、切れ毛や枝毛、パサつきの原因に。

さらには、頭皮の赤みや乾燥を招き、かゆみ・フケなどの頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

 

原因② 冷房による冷え・乾燥

冷房による体の冷えは、体だけでなく、頭皮にも影響をもたらします。体が冷え、頭皮が固くなると血流が悪くなり、細胞に必要な栄養が届きにくくなります。そのため、頭皮の働きが鈍くなり、新しく生えてくる髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

また、冷房は頭皮と髪の乾燥を招く原因にも。頭皮の乾燥は、過剰な皮脂分泌を招き、髪の水分を奪ってしまいますので、フケ・かゆみなどの頭皮トラブルやヘアダメージに繋がってしまいます。

 

原因③ 生活習慣の乱れ

夏は暑さで食欲も落ちてしまいがちですが、栄養バランスが偏ると、髪に必要な栄養素が不足し、栄養を十分に行き渡らせることが出来なくなってしまいます。その結果、髪の毛が成長しきれず、抜け毛を招いてしまう原因になり得るのです。

また、美しい髪の毛のためには、睡眠も重要です。私たちの体は、寝ている間に様々な組織の修復作業を行うため、「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンがしっかり分泌されず減少してしまうと、肌や髪の修復がしっかり行われず、髪も育たなくなってしまいます。

睡眠不足が長い期間続くと、切れ毛・枝毛・抜け毛、白髪が増える原因にも繋がますってしまいので、睡眠の質をあげることも大切なのです。

夏ダメージを深刻化させないためにも、今、きちんと頭皮と髪をケアすることが大切です。

「お家で出来るヘアケア対策」と「心がけたい3つの生活習慣」をご紹介いたします☆

 

\\夏のお疲れ髪にアフターケア!//

お家で簡単☆ヘアケア対策♪

1.シャンプー前には、与洗いを!

与洗いとは、シャンプーの前に、お湯で髪を洗うこと。

この与洗いで、頭皮の皮脂や汚れ、髪表面の汚れは78割ほど落とすことが出来るといわれています。シャワーを髪の根元から90℃の角度からあて、約1分間、シャワーのお湯だけでじっくりと洗いましょう。

余洗いの前に髪全体をブラッシングすると、頭皮の血流UP、また頭皮の汚れが浮くので、さらに効果的に♪シャンプーの泡立ちも良くなりますよ。

 

2.頭皮マッサージで血流UP

健やかな髪の毛を育てるには、土台となる頭皮の血の巡りが良いことが重要です。

頭皮の血流UPには頭皮マッサージが最適。数分でも、毎日行うことが大切です。頭皮の血流がスムーズになると、髪の毛を作る頭皮の細胞に、血液とともに栄養・酸素が届きやすくなり、健やかな髪をはぐくむことが出来るのです。

また、頭皮は顔の皮膚と繋がっているため、頭皮の血の巡りがよくなることで、トーンアップやリフトアップなど嬉しい効果も期待出来ます。

マッサージは、15分程度を目安に、自分が気持ちいいと感じるくらいの力加減で、頭頂部にむかって持ち上げるようなイメージで行います。前頭部、側頭部、後頭部をまんべんなくほぐしましょう

 

3.濡れた髪を放置しない

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いているため、髪内部の水分が逃げやすい状態です。そのままにしてしまうと、キューティクルが乱れパサパサの髪に。

また、頭皮も濡れた状態が長いと雑菌が繁殖しやすく、かゆみなどのトラブルの原因にもなり得ます。タオルドライ後は、出来るだけ早く乾かしましょう。

乾かし方は、タオルで頭皮と髪の水分をとり、ドライヤーを20㎝ほど離し温風をあてていきます。根元からしっかり乾かしたら冷風をあて、髪の毛のキューティクルを整えてあげましょう。

 

 

\\美しい頭皮・髪のために//

心がけたい3つの生活習慣

1.食生活の見直し

美しい髪のためには、バランスの良い食事も大切なポイントの一つ。土台となる頭皮と髪に欠かせない3大栄養素が「たんぱく質、ビタミン、亜鉛」。バランスよく摂取することが大切です。 

 

\髪質の改善には/

・たんぱく質 … 髪の基本成分「ケラチン」のもととなるのがたんぱく質です。髪を作るのには必要不可欠。動物性・植物性、どちらのたんぱく質もバランスよく摂ることが大切です。

肉類、魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や豆乳などの大豆食品に多く含まれています。

 

\頭皮の血の巡りのUPには/

・ビタミン … 頭皮の血の巡りを良くし、頭皮の新陳代謝を促す効果のあるビタミン。

おすすめは、「ナッツ類、柑橘類」です。ナッツはビタミンEを豊富に含み、特にクルミにはオメガ3脂肪酸、亜鉛、ポリフェノールなど、美髪のための栄養素がたっぷり。

柑橘類ではレモンやグレープフルーツ、オレンジや柚子などを普段から摂るようにすると血行促進、皮脂の過剰分泌を防ぐ効果が期待できます。

 

\ケラチンの合成に欠かせない/

・亜鉛 … 亜鉛は、毛髪の主成分であるケラチンを合成する機能があり、三大栄養素の中でも不足しがちな栄養素と言われています。ミネラルの一種である亜鉛は、たんぱく質を髪に合成するときに必要で、髪の毛に栄養を運ぶ重要な役目。特に「カキ」や「豚レバー」に豊富です。

 

2.体を温める

頭皮にある毛細血管はとても細く、冷えにより毛細血管が収縮してしまうと、発毛や育毛に必要な栄養分が、頭皮に届かなくなってしまいます。その結果、毛根の成長が滞ってしまうのです。

頭皮の血の巡りをよくするためには、頭皮だけでなく、体全体を温めることも大切です。シャワーですませず、夜はちゃんとお風呂につかって。日頃から適度な運動を取り入れてみましょう。

 

3.質のよい深い睡眠を

前述したように、睡眠不足は美容だけでなく、頭皮や髪にも大きな影響を与えますので、質のよい睡眠をとることが大切です。

就寝前は、飲食・飲酒や、テレビ、パソコン、スマートフォンなど、脳を刺激してしまうものはなるべく控えましょう。夜は、少しぬるめのお風呂にゆったりつかって。体を温める飲み物やゆったりとした音楽を聴くのもおすすめ。

ご自身に合うリラックス方法で、心と身体もほぐしましょう。

また、成長ホルモンは、ゴールデンタイムとよばれる夜の22時~2時までに最も分泌されるといわれていますので、出来るだけ早くベッドに入るよう心がけたいですね。

 

 

9.25 debutアクアビーテ・スカルプウォーター

お顔の皮膚だけでなく、頭皮も敏感なお客様のために。

いつまでも若々しく、つややかな髪を維持していただきたいという想いから、新たに「白髪予防成分」を配合し、2020925日 待望の新発売!

 

・頭皮が敏感で肌に合わないものが多い」

・抜け毛や白髪気なる」

・頭皮だけでなく、髪の毛もケアしたい」

 

こんなお悩みを感じている方は、ぜひアクアビーテ・スカルプウォーターをチェックしてみてくださいね♪

 

つややかな髪を育むために、日々のケアを意識して

いかがでしたか?

肌と同じように、頭皮と髪も日々のケアが大切です。普段の習慣も少し意識して、“健やかな頭皮”と“つややかな髪”を目指したいですね♪